格安航空券って本当に大丈夫なの?格安航空券の本当の話!

格安航空券と正規運賃の違い

格安航空券は、なぜ安いのか、その疑問解決します。まず、格安航空券と正規運賃の違いです。正規運賃は、各航空会社が発行している航空券で早割などの割引サービスがあるものの料金は、割引率が大きい物で通常料金の半額程です。格安航空券は、もともと旅行会社がホテルなどとパッケージで販売しているものを航空チケットだけにして販売を行ったものです。料金としては、正規運賃と比較して80%程割引されているものもあります。なぜ、このような割引が行えるかといいますと、パッケージ用で購入した航空チケット自体が安いからです。パッケージ用で購入する場合は、大量に購入するので、その分、航空会社も大きく割引してくれます。そうやって安く手に入れたチケットを個人向けに、チケットだけバラ売りしているため安く買うことができます。

格安航空券で注意するべき点

格安航空券で注意するべきことがあります。それは、座席の指定ができないということです。正規運賃の航空チケットの場合、チケット購入時に座席を指定することができますが、格安航空券は、当日の搭乗手続きまで座席が分からないことが多いです。搭乗手続きは、早めに行くと、良い席がとれたりするのでおすすめです。また、もう一つの注意点は、座席のアップグレードができないという点です。エコノミーでチケットを購入したら、エコノミーのみでビジネスクラスにアップグレードすることはできないので注意が必要です。こういった、優遇措置というのは、無くても旅行に差支えがないので、強いこだわりがないようでしたら、格安航空券は、最良の選択と言えます。