格安航空券と既存の航空券って何が違うの?違いを詳しく解説!

格安航空券は値段の変動幅が大きい?

格安航空券と既存の航空券の違いとは何でしょうか。一般に格安航空券とは、航空会社がツアー用に安くした航空券のことを指します。そのため格安航空券の方が既存の航空券よりも安く入手できますが、格安航空券の割引率は入手するシーズンや便によって変動することがあります。例えば、大型連休やお盆など、多くの人が飛行機を利用するシーズンでは格安航空券の割引率は高くはなりません。中には、既存の航空券の方が値段が抑えられることもあるようです。反対に、オフシーズンなどに利用する場合には、より安く格安航空券を入手することができます。既存の航空券もシーズンによっては値段は変動しますが、概して格安航空券の方が値段の変動幅が大きくなります。

格安航空券は日程変更ができない?

先にも書いたように、格安航空券はツアー用に安くなった航空券です。あらかじめ日程や便が決まった航空券であるため、日程変更や経路変更をすることができません。日程変更をしたい場合は一度キャンセルしてから新たに取り直さなければならなくなります。格安航空券は払い戻しも原則不可のようなので、急な日程変更が生じる可能性はないのかよく考えてから購入する必要があります。対して既存の航空券を購入した場合は日程変更や払い戻しに対応してくれます。格安航空券は安い代わりに日程変更などの自由が失わるということです。格安航空券を購入する際に生じるリスクを考えながら、格安航空券と既存の航空券のどちらを購入するべきか検討するのがよさそうです。