今更聞けない格安航空券(LCC)の情報を詳しく解説!

無駄を省くことで料金を安く

LCCの特徴は、無駄を徹底的に省いていることです。これまで旅客機といえば、搭乗すれば飲み物や飴を配ってくれたり、ひざ掛けや新聞などが必要かどうかを確認してくれるなど徹底したサービスがひとつの売りとなっていました。それにより、快適な移動が可能となっていましたが高品質なサービスを行う分、航空券の料金は安くはありませんでした。これまで行われていたサービスの中で必要がないと思われるものを省き、その分を価格に反映したものがLCCが販売する格安航空券です。そのため、移動中のサービスは特に必要ないという人や少しでも安く移動をしたいと考える人にはLCCの活用がおすすめです。無料で飲み物が提供されるなどのサービスはありませんが、お金を払えば飲み物や食事の購入などを行うことができます。

LCC利用の注意点は

大手航空会社の場合、20kgまでの荷物は無料で預けることができますが、LCCの場合は有料になっていることが一般的です。航空会社によっては予約の仕方によっては、手荷物がひとつまで無料になるなどのサービスが用意されていることもあります。ただ、有料になるのは預ける必要がある荷物のみで、機内持ち込みサイズ内の荷物であれば2つまで無料で持ち込めることが殆どです。10kgまでなど重さに関する制限はありますが、預けるほどの荷物がない人であれば追加料金を気にせず快適に移動をすることができます。長期の旅行などで、どうしても大きなスーツケースが必要になるということもあるでしょう。そんな場合は、料金に関する説明をしっかりと読んでおくことがおすすめです。

格安航空券はまとめ売りために航空会社が安価で旅行会社に卸した航空券のことです。ただし、最近はLCC(Low Cost Carrier)がセールで売出す安い航空券を指すこともあります。