国内旅行は格安航空券と高速バスどちらがお得?

シーズンによって安くなる格安航空券の魅力

国内旅行の交通手段に格安航空券を選ぶ利点としては、通常の航空機と比較して座席やサービスの内容がシンプルですが、従来の半額程度の値段で目的地まで移動できることがあります。また、オフシーズンや平日の昼間の時間帯の格安航空券は特に安く購入できることもあり、学生の旅行や出張の際などに選ばれる機会が増えています。格安航空券の購入費用をできるだけ節約したい場合には、利用頻度の多い航空会社のネット会員に登録をしたり、セール期間中を狙ったりすることがオススメです。その他、数か月以上前から予約をすることで、返金やキャンセルの可否などに一定の制約はあるものの、お得なプランに申し込めることもあり、休日を比較的自由に調整しやすい社会人にもぴったりです。

夜間の時間を使って目的地に移動できる高速バス

高速バスは、飛行機や新幹線などの交通手段と比較して、快適性や利便性などにはやや難があるものの、とにかく旅費を安く上げたい人にとって魅力があります。特に、スキー場やビーチ、テーマパークなどで朝の静かな時間帯から楽しみたい場合には、夜間に眠りながら現地に移動できる高速バスを選ぶことがおすすめです。高速バスの運賃は、シーズンや曜日などに大きく左右されますが、女性や学生をターゲットとした割安価格の運賃を設定しているバス会社も増えており、若者からの支持が集まっています。もしも、料金面だけでなく、高速バスの乗り心地の良さや安全性などにもこだわりたい場合には、数千円程度の追加料金を支払うことで、より快適に移動をすることもできます。